MENU

AGA治療にかかる期間と費用

AGAの治療にはどれくらいの費用がかかるの?

「最近、髪が薄くなってきた気がするけど…これはAGA?」と感じたら、早めにAGA対策として治療を始めましょう。AGAの治療は効果を実感するまでに長い期間がかかります。しかし早めに手を打つことでAGAの進行を食い止め、改善できる可能性が高くなるのです。

AGA治療をしようと決意したものの、気になるのはやはり治療費のことではないでしょうか。AGAは治療だから保険が適用されると思われてしまいがちですが、実はAGA治療は自由診療というものに該当するため、健康保険の適用外。全て実費で負担しなければなりません。また、診察料や薬代といった治療費も病院やクリニックによって変わってきます。

そしてひとくちに治療といっても、さまざまな治療方法があるAGA治療。このページではAGA治療に関わる治療方法や、治療にかかる費用や期間をご紹介します。

まずは自分でできる対処法は?

市販の育毛剤の使用

自宅でできるAGA対策として代表的なものに、育毛剤(医薬部外品)・発毛剤(医薬品)の使用があります。わざわざ病院に行かなくてもできる育毛法として、手軽で身近な手法であり、AGA治療薬に匹敵するような育毛成分を配合した育毛剤・発毛剤も多く販売されています。

基本的には短期間で効果が出るわけではなく、数カ月以上にわたる使用が必要ですが、朝と晩、頭皮に塗布するだけで良いので非常に手軽です。育毛剤のなかには、1000円程度から購入できるものもありますが、一定の効果が見込めそうな成分を含む育毛剤・発毛剤となると、費用の目安は1本7000円前後からです。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤とは今ある髪をより抜けにくく、しっかりとした毛に育てていく効果があり、発毛剤は毛が抜け落ちてしまった頭皮に新たに発毛させる効果があります。効果に違いがあるということで、その購入方法にも違いがあります。

育毛剤・薬局やドラッグストアで購入可
・ネットショップでも購入可
発毛剤・薬局やドラッグストアでは、薬剤師との相談のもとに購入可
・クリニックなど医療機関で処方してもらう
・特定のネットショップでは、専門的な手続きを行ったうえで購入可

育毛剤を使うメリット

育毛剤には、ミノキシジルなどの医療用成分は配合されていませんが、育毛効果の期待できるノコギリヤシやセンブリエキスといった有効成分を含んでいます。ノコギリヤシはAGAの原因とされる男性ホルモン・DHTの生成を妨げる効果、センブリエキスは血流を改善する効果を持っています。

これらは医療用の成分と似た効能がありながら、天然由来成分のため副作用の心配も小さいというメリットがあります。

AGA専門の医療機関での治療法や費用は?

治療薬

治療薬を使用しての投薬治療には、内服薬と外用薬の2種類に分けられます。プロペシアなどの有効成分が配合されている内服薬と、頭皮に直接つけて塗るタイプの薬でミノキシジルが含まれている外用薬があります。

プロペシアは、プロペシアに含まれているフィナステリドという成分がAGAを引き起こす原因となるDHTのはたらきを抑制する効果があり、診察料込みで5000円程度から使用できます。

ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることによって発毛を促す効果があります。ミノキシジル配合の外用薬は処方される濃度によっても異なりますが、安くて7000円程度から使用できます。

ただし、1回服用したからといってそれだけで治療が完了することはまずないので、半年、1年、2年と長期間にわたることが一般的です。発毛効果や増毛効果を実感するまで、忍耐と期間の長さに応じた費用が必要なのです。

注入療法

代表的な注入療法であるHARG療法は、脂肪幹細胞を培養する際に抽出される特殊なタンパク質を頭皮に注入することで「発毛」を可能にした治療方法です。他にもさまざまな製剤が登場しており、多くの医療機関が独自の治療法を行っています。

費用も医療機関によってさまざまですが、一般的に治療薬より高価です。1回あたり十万円くらいする治療を複数回行う必要があります。HARG療法は高い効果が期待できる分、費用も高くなってしまうのです。

そしてHARG療法と似た治療方法が育毛メソセラピーです。育毛メソセラピーも発毛に有効な成分を頭皮に注入するのですが使用している薬剤の内容が異なります。こちらの費用も医療機関によって違いますが1回の施術が3万〜7万円程度はかかります。

植毛

植毛は発毛や育毛が難しくなってきた薄毛部分に髪の毛を移植する治療です。薄くない部分の髪の毛を薄毛部分に移植する自毛植毛と、人工的に作られた髪を植える人工毛植毛があります。

単位としては毛穴単位の植毛となっていて、1つの毛穴でだいたい2~4本ほど植えられるようです。施術する場合は1000~3000グラフトぐらいの単位が多いようです。見た目としてわりと髪の薄い方が、2000グラフト埋められるとして、50万~100万以上の費用が掛かります。

高額なAGAの治療を少しでも安くするためには

AGAによる薄毛の症状が進んでいればいるほど、治療には時間がかかってしまいます。逆に、AGAと診断されるタイミングが早ければ早いほど、治療にかかる時間は短くなり、コストも低く抑えられる可能性が高まります。

AGA専門のクリニックでは、さまざまなサービスやキャンペーンを実施しています。こうした制度を利用して、少しでも安く治療していくこともひとつの手段です。また、キャンペーンの内容はクリニックによって違うので、よく調べてからクリニックを選ぶのがいいでしょう。

症状の改善する可能性、そして、それに必要な費用の総額などを考えても、AGAの治療をするのはできるだけ早期に着手するのが望ましいといえます。少しでもAGAの可能性を感じたら専門医に相談してみましょう。何もしなければ自然と薄毛は進行してしまいます。早めの対策が肝心です。